分煙機も特徴とその種類について

タバコが体に及ぼす影響から、職場や公共施設などからはどんどんと喫煙場所が削減されたり、減少しつつあります。そのため愛煙家にとっては困惑されいる方も多いようです。最近オフィスでは分煙機を設置して、喫煙者と非喫煙者が快適に過ごせる空間作りに取り組んでいるところが増えてきています。分煙機には喫煙スペースや人数に応じてさまざまなタイプがあります。

例えば、会社の応接室や商談スペース、ショールームなどに最適な「テーブル・カウンタータイプ」です。これはテーブルの真ん中に吸煙口があるので、タバコの煙が立ち上る前にしっかりキャッチでき、空気を汚しません。非喫煙者が一緒の空間にいる場合、喫煙スペースを区切りながら煙を吸うのが「ウォールタイプ」の分煙機です。これはパネル型で外へ逃げて行こうとする煙を、パネルの気流制御によって作られるプッシュ気流が立ち上る煙をしっかりキャッチします。

また、煙だけでなく光脱臭機能によってタバコ特有に嫌な臭いも防ぎます。天井に埋め込むタイプの「天井カセットタイプ」は、テーブル型などの分煙機を置くスペースがない場合でも設置が可能です。吸い込み口は中央部分にあり、それを囲むように4か所から包み込むような気流を流して部屋の中の空気を素早くクリーンにしていきます。その他にも大人数でも対応可能な「床設置タイプ」や「大型カウンター」などもあります。

このような分煙機を利用すれば、今後もタバコを吸う人と吸わない人が共存できる空間を広めていくことができるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*