進化し続ける分煙機の実力

最近では、重大な健康被害も確認されているたばこは、やはり喫煙を意図していない方にとっては不快なものとなってしまう事が多いので、喫煙者と非喫煙者の双方にとってメリットのあるような分煙機が必要になってきます。最近では、分煙機は非常に進化が進んでおり、様々なシチュエーションで活用できるようになっています。商談などを行う際には、テーブル型の分煙機が効果的です。テーブル型の特徴としては、座りながら会議を行う中で、気軽に喫煙する事ができるという点です。

テーブル型では、喫煙したとしても、その煙がテーブルに装着されたフィルターに吸収されていくので、簡単に分煙することができます。さらに、脱臭作用も搭載されているので、気になる臭いもほとんど残す事はありません。また、喫煙所を設置するような余裕がない場合には、ウォール型の分煙機もあります。これは、非喫煙者と喫煙者を薄い壁で分けることができます。

煙が外に漏れにくい構造となっており、上方の煙も逃す事はないので、喫煙室のような効果を得る事ができます。また、これも脱臭作用がある場合が多く、臭いを気にする必要はありません。また、天井にカセットを設置するタイプもあります。空調のような設備になっていて、天井に埋め込むだけで分煙を行うことができるようになっています。

部屋全体の煙をすばやく吸収してくれるので、喫煙しても煙がほとんど残りません。このように、喫煙者を単純に排除するのではなく、喫煙者も快適に喫煙できるような環境も整っています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*