分煙機は受動喫煙の防止にも役立てられる

店内に喫煙所が設けられている飲食店が多くなっています。従来であれば、席で喫煙が可能だったお店も、分煙を行う目的で席では禁煙としており、喫煙者の来店に向けて喫煙所での喫煙が可能なお店になっているのです。また、席で喫煙が可能なお店も有りますが、喫煙席と禁煙席の2つが設けられており、席の間には仕切りが設けられていると同時に、分煙機が設置されており、喫煙席で喫煙を行う人の煙が禁煙席に流れ込まないよう、分煙機で煙を吸い込むと言う設備になっているのです。また、喫煙所の中にも分煙機が取り付けられており、喫煙者が吐き出した煙を吸い込み、浄化させた上で綺麗な空気を外に送り出す目的で利用されているのです。

因みに、喫煙者が吐き出した煙と言うのは、煙草に含まれている有害な物資が多く含まれていると言います。この煙を吸い込む事で受動喫煙と言う事になり、身体への害が懸念されると言います。家族に喫煙者がいる場合など、煙草を吸っている家族が吐き出した煙を吸い込む事で肺ガンのリスクを高めてしまうと言います。これは受動喫煙によるものであり、煙草を吸わない人も煙草による害により肺ガンのリスクが高くなるのです。

喫煙所は全ての人が喫煙を行います。しかし、他の人が吐き出した煙を吸う事で、自分が吸っている煙草の害の他に、受動喫煙を行う事になるため、より肺ガンのリスクが高くなると言う事なのです。このことからも、分煙機は受動喫煙の防止にも役立てられることが出来ると言うことなのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*