喫煙者のための喫煙所と分煙機

タバコの価格が上がった事や肺ガンのリスクを高めるなどの理由でタバコを止めた人も多いものです。最近のオフィス内は全面禁煙になっているケースが大半を占めます。これは社員の健康を守る意味において重要な事でもあり、喫煙をしない人への受動喫煙を防止すると言った役割があるのです。しかしながら、オフィスには喫煙者もいますので、オフィス内を全面禁煙にしたとしても喫煙所を設ける事で喫煙者の楽しみを与える事が出来ます。

喫煙所と言ってもオフィス内に作られた小さな空間となるため、数名が利用をすれば満室になりますし、煙も充満してしまいます。そのため喫煙所内には分煙機が取り付けられており、分煙機に煙が充満するのを防止しているのです。また、タバコの臭いは室内に付着しやすく、分煙機が煙を吸い込む事で、空気を浄化させ綺麗な空気を排出するため、タバコの嫌な臭いをシャットアウトする効果も得られます。因みに、喫煙所の中に観葉植物が置いてある所もありますが、観葉植物も一種の空気清浄器でもあり、嫌な臭いをシャットアウトして、喫煙所内部をクリーンな状態にしてくれる作用を持つと言います。

愛煙家にとっての喫煙所は無くてはならない存在になっているわけですが、分煙機が喫煙所に設置されている事で、煙が充満しにくい快適な空間になります、タバコの嫌な臭いの軽減にも役立てられており、天井に設置されていたり、テーブル型など、喫煙所のレイアウトに合うものを選べるのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*