受動喫煙防止対策には分煙機がオススメ

近年、受動喫煙による被害を防止するために、飲食店などの人が多く集まる施設やオフィスへの喫煙所の設置が求められるようになりましたが、実際には分煙のための施設の整備が不十分で喫煙所の煙が漏れ出して非喫煙者に健康被害を与えているケースも少なくありません。こうした不十分な分煙を抑止して受動喫煙防止対策を徹底するには、「分煙機」という機器を使用するのが効果的です。分煙機とは、強力な吸引機能によってタバコの煙を吸い込み、内蔵された集塵フィルターと脱臭フィルターによってタバコの有害物質と臭いの原因物質を吸着して取り除くことでクリーンな空気のみを排出する機器です。据え置き型を利用すれば工事費をほとんどかけずに設置できる反面、定期的なメンテナンスでフィルターを交換しなければならないので、一定のランニングコストがかかります。

また、この機器では一酸化炭素を取り除くことができないので別途換気扇や排気ダクトを設置する必要があります。壁際や天井に設置する省スペースのタイプもありますが、上に灰皿を置いて喫煙できるテーブル型やカウンター型の分煙機が主流となっています。人感センサー内蔵で人が来た時にのみ稼働する省エネモデルも増えているので、断続的に人が訪れる場所に設置するのにも適しています。なお、業務用の分煙機は購入後の設置までを請け負う業者から購入するのが一般的なので、適切な設置場所を提案してくれるなどの喫煙室のプランニングにも定評があり、メンテナンスもしっかりしてくれる業者から購入することが大切です。

また、現在では、受動喫煙防止対策を行った事業主を助成する事業が厚生労働省によって実施されています。喫煙所に設置する分煙機の購入でも適用される場合もあるので、こうした相談にも乗ってくれる業者に依頼するのがお勧めです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*