バンコクの健康診断事情

タイのバンコクで考えられる医療は、日本の医療の考え方とは全く異なります。バンコクでは医療はビジネスの要素が強く、患者はお客様という扱いです。そのため、健康診断一つをとっても、日本よりも大変魅力的なサービス内容になっています。例えば、病院の内装は日本の病院の無機質なイメージではありません。

ピンクやベージュなどのやわらかい印象の暖色が使用され、椅子や机もゴージャスです。日本でも小児科や産婦人科は明るい雰囲気づくりがされていますが、バンコクではその傾向が一層強くなっています。また、待合室には無料のドリンクサービスが豊富にあったり、診察後に食事券が配布させたりするような施設もあり、大変魅力的です。また、バンコクでの健康診断と考えて一番不安に思うことは、言葉の問題だと思います。

外国語でコミュニケーションをとらなければならないと考えると、病院に行くのも一層怖く感じます。しかし、バンコクの病院では受付や看護師が全員日本語に堪能な施設もあり、そのような病院は待合室が日本人であふれ、案内板なども日本語表示になっています。このように魅力が多いタイでの健康診断ですが、海外の病院は日本のようにどの病院に行ってもだいたい診療費が同じということはありません。同じ診療をしてもらっても、病院ごとに費用は大きく異なります。

そのため、病院に実際に行く前に、いくつかの病院をピックアップしてサービスと価格の両方を見比べて受診することが必要になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*