バンコクは観光と健康診断に特化しています。

会社に在籍していると1年間に1度健康診断を受ける機会があるため病気の早期発見に繋がり治療が遅れてしまうという事案は少ないものです。一方、主婦もしくは自営業の場合は率先して受けなければ早期発見することは困難で手遅れになってしまう恐れがあります。そのため、全ての方が会社員同様に一年に一度健康診断を受けるべきではあるものの多くの時間が必要になるため腰が重いというのが実情です。こうした健康診断ならではの悩みはバンコクで解決できます。

バンコクはタイの首都として有名ですが、タイは観光と医療のコラボレーションを打ち出して世界にアピールしているためです。高い医療技術を提供しているということを前面に押し出しているため、当然医療に関する技術力は高く最先端の治療が受けられるのです。当然、健康診断も受けられます。高い技術力を有しているので通常では見過ごしてしまうような変化も発見し重病になりかねない症状を早期発見できるのです。

そして、バンコクをはじめタイという国は元来日本人が多く住んでいる上に日系の企業も多いという特徴があります。こうしたことから日本人に対応することに慣れており、医療の現場であっても例外ではありません。スタッフの日本語教育は徹底されていますし、診断書や各所の案内なども日本語が表記されています。海外で健康診断を受けることで得られる恩恵は何と言っても結果が出るまでの時間を観光地で過ごすことができるということでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*