言葉の壁がないバンコクでの健康診断

バンコクには多くの病院が存在している一方、小さなクリニックも多数存在しています。人間ドックなど身体の隅々まで検査する事案については大きな病院でしか受けられないものの、健康診断であれば小さなクリニックであって設けられます。しかも、クリニックの規模が小さいからと言って医療のレベルが低いということはなく大きな病院をはじめ日本の病院とも遜色の無い高いレベルです。そして、バンコクの病院は外国人の健康診断を行うということを得意としています。

その理由は、労働許可証が関係しています。労働許可証の申請に関して健康診断書を提出することが義務化されています。そのため、外国人に慣れているのです。また、在籍している医者の多くが高学歴者であることから自国語のみならず英語をはじめとする数か国語を話す場合が多いです。

医者のみならず看護師であっても同様で自国語だけではなく英語を扱う方が多いです。当然日本語で健康診断が受けられる医療機関もあります。上述したように医者と看護師の多くが外国語を扱えるため不都合はないものの、念のため通訳が在籍している病院も少なくありません。日本人の医者が活躍している病院というのは少ないものの、日本人の医者が開業に携わったとされるクリニックは数多いです。

もちろん、日本人の医師が携わった場所に関しては全て日本語で終えることができます。健康診断には保険が適用されないものの簡易的なものであれば千円前後から受けられるので負担にはならないでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*